肩こりの際に体を温めるメリットについて

query_builder 2022/12/01
コラム
33

体が冷えていると、筋肉が硬くなり、肩こりに悩まされる場合があります。
普段から冷え性に悩まされている方も多いのではないでしょうか?
肩こり対策のひとつとして、体を温めることが挙げられます。
今回は、体を温めるメリットについて解説させていただきます。

▼肩こりの際に冷えている部位を温めるメリット
■血行の改善をサポート
肩や腰など、冷えている部位を温めることで血行をサポートできます。
結果、疲労物質や痛み物質が流され、肩こりの解消に繋がります。

■体がほぐれる
筋肉が張っていると、肩こりに悩まされる可能性が高いので注意が必要です。
体を温めることにより、筋肉をほぐし、肩こりの改善をサポートするのもメリットに挙げられます。

▼温める際のポイント
40℃以下のぬるま湯に浸かり、肩こりを解消しましょう。
入浴時間は約15~20分が目安です。
ぬるま湯に浸かることで肩だけでなく、全身を温めることができます。

▼定期的にサロン・病院に通うのも大切
肩こりなど、体に違和感がある場合は、サロンや病院に定期的に通院し、体調を整えることも重要です。
スタッフに日常生活における悩みを相談できます。

▼まとめ
血行や筋肉の張りを改善し、体の調子を整えられるのが体を温めるメリットです。
お風呂で体を温める際、湯の温度と入浴時間に注意しましょう。
体に違和感がある場合は、サロンや病院に相談し、全身の状態を把握するのも大切です。
当サロンでは、肩こりをはじめ、体に関する悩みを受け付けているので、一度お問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 膝の浮腫みが痛いと感じたら?対処法をご紹介

    query_builder 2024/04/01
  • 浮腫みの対策法をご紹介

    query_builder 2024/03/03
  • 浮腫みは時間帯によって異なる?詳しくご紹介

    query_builder 2024/02/05
  • 浮腫みと脂肪の違いとは?見分け方をご紹介

    query_builder 2024/01/03
  • 浮腫みが起こる原因についてご紹介

    query_builder 2023/12/01

CATEGORY

ARCHIVE