目の疲れが体に及ぼす影響と対処法

query_builder 2024/06/01
コラム
57

目を酷使したときに、目の疲れを感じることがあるかと思います。
ちょっとした疲れ目であれば少し目を休めることで改善しますが、なかなか改善しないケースもあります。
また、目の疲れ以外にも全身に症状が現れることもあります。
今回は、目の疲れが体に及ぼす影響とその対処法について解説します。

▼目の疲れが体に及ぼす影響
ちょっとした疲れ目の場合は、目のみに症状が現れることがほとんどです。
しかし、ひどくなると目だけでなく体にも不調が現れるケースがあります。
これを眼精疲労と言い、目の症状に加えて倦怠感・頭痛・首や肩のコリ・吐き気などが現れます。

▼目の疲れを改善する方法
■こまめに目を休める
目を酷使することで疲れを感じるので、こまめに目を休ませることで楽になる可能性があります。
目の疲れを感じたら少し目をつむったり、遠くを見たりすることで目の周りの筋肉がリラックス状態になります。

■目の周りをマッサージする
目の周りにはいくつかツボがあるので、ツボを狙って指で優しくマッサージするのも効果的です。
マッサージする際は目を傷つけないように注意しましょう。

■しっかり睡眠をとる
眼精疲労は寝ても改善しないことが多いです。
しかし、しっかり睡眠をとることで目の周りの筋肉がリラックスし、症状が改善する可能性があります。

▼まとめ
目を酷使すると、目だけでなく体にも症状が現れることがあります。
目の疲れを感じたらこまめに目を休め、優しくマッサージすることで楽になる可能性があります。
また、しっかり睡眠をとって目や体をリラックスさせてあげることも大切です。

記事検索

NEW

  • 目の疲れが体に及ぼす影響と対処法

    query_builder 2024/06/01
  • 痺れを伴う浮腫みの危険性について

    query_builder 2024/05/02
  • 膝の浮腫みが痛いと感じたら?対処法をご紹介

    query_builder 2024/04/01
  • 浮腫みの対策法をご紹介

    query_builder 2024/03/03
  • 浮腫みは時間帯によって異なる?詳しくご紹介

    query_builder 2024/02/05

CATEGORY

ARCHIVE